診療科・部門

印刷専用ページ

中央リハビリテーション部

理学療法・作業療法・言語療法ともにスタッフ・機器は充実したリハビリテーション総合承認施設です。対象者の多くは入院患者さんです。発症直後より退院まで一貫したリハビリテーションを行っています。一般外傷・脳血管疾患・脊椎疾患・人工関節・大腿骨頚部骨折・脊髄損傷・認知症などの症例が多く、肺疾患の呼吸リハビリテーション、内科・外科疾患の廃用症候群の予防も行っています。定期的に各科受持医・看護師・スタッフ・MSWを含めてカンファレンスを行い、自宅退院・各種保険を利用した社会復帰・医療施設への転院を相談して進めています。自宅退院をする患者さんには必要に応じて自宅改修相談を行っています。言語療法では失語症・嚥下障害の他、もの忘れ外来を設け、高次脳機能障害・認知症などに対応しています。

もの忘れ外来紹介ページはこちら

理学療法

写真1

理学療法は身体の運動機能に障害を持った方に受傷後(発症後)早期より基本的動作能力の改善や維持、廃用症候群(全身的もしくは局所的な安静による機能低下)の予防等より開始し、歩行などの移動能力を獲得することを通じ職場や家庭への早期復帰を進めます。

作業療法

写真2

障害によって阻害された身の回り動作(食事・整容・更衣・排泄・入浴)を獲得するために、早期より訓練を行っています。また、必要に応じて自助具の作製・福祉用具の指導・紹介も行っています。

  • 写真3
    更衣動作訓練
  • 写真4
    入浴動作訓練
  • 写真5
    トイレ動作訓練

言語療法

写真6

言語療法では、失語症、構音障害、高次脳機能障害、記憶障害、認知症、嚥下障害の相談・評価・訓練を行っています。
記憶障害・認知症については、もの忘れ外来にて予約を受け付けております。
嚥下訓練では、必要があれば嚥下造影・嚥下内視鏡検査を実施し、最適な食事栄養方法を検討します。また、「失語症友の会」「もの忘れのある方の懇談会」「障害者の絵画書道教室(青葉の会)」の社会的サポートも積極的に行っています。

独立行政法人 労働者健康安全機構
千葉ろうさい病院
〒290-0003 市原市辰巳台東2-16
TEL:0436-74-1111(代表) FAX:0436-74-1151

Copyright © 2014- Chiba rosai Hospital. All Rights Reserved.

ページの先頭