診療科・部門

印刷専用ページ

病理診断科

病理診断科では内科、外科等の臨床科で採取された患者さんの検体を形態学的に診断を行うことが主な業務です。具体的には患者さんから採取された組織・細胞を顕微鏡で調べ、今後どのような治療が適しているか、特に手術などの侵襲の大きな治療が必要かどうかを臨床医師に情報提供するのが主な仕事です。近年は分子標的薬選択のための免疫組織化学も増加してきました。手術を行った場合には摘出された病変の質的診断や病変の広がりを調べます。不幸にして亡くなられた患者さんにはご家族の承諾を頂けた場合は病理解剖を行い、今後の医療に役立てます。
このように患者さんの前に立つことがほとんど無いため、一般の方にはあまり知られていません。しかし病理組織診断・細胞診断は豊富な知識・経験を必要とするきわめて専門性が高い業務で、その結果は患者さんの治療方針に重大な影響を及ぼすことから、特別にトレーニングを積んだ者が病理専門医試験や細胞検査士試験に合格し、初めて行えるものです。病理組織標本作製は高度の熟練した技術を要し、未だ機械化不可能な業務です。スタッフの技量で病理・細胞診断精度は大きく変わります。病理・細胞診専門のスタッフを擁するのはある程度以上の規模の病院に限られます。当院は日本病理学会認定施設、日本臨床細胞学会認定施設を取得しています。
他院から紹介された患者さんの院外標本についても診断を行っています。

   

 

業務実績

  病理組織検査 術中迅速病理組織検査 細胞診 病理解剖
平成5年 2681   4874 43
平成6年 2698   4827 30
平成7年 2792   4567 24
平成8年 2509   4892 32
平成9年 2972   5101 24
平成10年 3103   5585 22
平成11年 3345 48 6654 16
平成12年 3723 58 7094 24
平成13年 3779 63 7686 20
平成14年 4182 56 7081 26
平成15年 4081 83 8136 14
平成16年 4022 89 7779 17
平成17年 4047 97 8079 18
平成18年 4261 120 7842 14
平成19年 4501 109 7914 20
平成20年 4497 92 7963 7
平成21年 5164 80 7956 16
平成22年 5337 128 7815 16
平成23年 5278 112 7083 13
平成24年 5277 100 7368 13
平成25年 5194 132 7113 7
平成26年 5637 147 7093 16
平成27年 5774 182 7377 12
平成28年 6074 180 6919 11
平成29年 6203 154 6996 9

 

スタッフ紹介

医師名 役職・職位 認定医等 専門分野

尾崎 大介

部長
医学博士

日本病理学会病理専門医、研修指導医

日本臨床細胞学会 細胞診指導医

高沢 博

医師(非常勤)

元国立千葉病院研究検査科長、日本病理学会病理専門医、研修指導医

廣島 健三

医師(非常勤)

東京女子医科大学臨床病理学教授、日本病理学会病理専門医

石田 康生

医師(非常勤)

帝京大学臨床病理部教授、日本病理学会病理専門医

米盛 葉子

医師(非常勤)

東京女子医大八千代医療センター、日本病理学会病理専門医

太田 昌幸

医師(非常勤)

千葉大学医学部診断病理学

独立行政法人 労働者健康安全機構
千葉ろうさい病院
〒290-0003 市原市辰巳台東2-16
TEL:0436-74-1111(代表) FAX:0436-74-1151

Copyright © 2014- Chiba rosai Hospital. All Rights Reserved.

ページの先頭