診療科・部門

印刷専用ページ

眼科

特色

3名の常勤医師により、眼科診療全般にわたって良質で高水準な医療の提供を目指しています。糖尿病網膜症、黄班症の治療は、県内はもとより全国的にも高い評価を得ています。

糖尿病網膜症:内科と連携した全身管理の基に、時期を逃すことなく、レーザー治療を行います。痛みの軽度なパターンスキャンレーザーでの治療を行っています。蛍光眼底造影検査のみの依頼にも対応可能です。糖尿病黄班浮腫については特に力を入れています。光干渉断層計(OCT)により、治療時期の判断、治療効果の判定を行い、毛細血管瘤への直接凝固、VEGF阻害薬硝子体注射に加え、ステロイド製剤、瘢痕の残らない低侵襲なマイクロパルスレーザーも導入しておりますので、病態に応じ、様々な治療法を組み合わせて対応します。

白内障:手術は2泊3日の入院加療を基本としており、高齢者や全身合併症のある患者さんにも安心です。条件を満たせば、日帰り手術、1泊2日もあります。年間約530件を越える手術を行なっています。多焦点眼内レンズやトーリック眼用レンズも選択できます。また、今年度は最新の手術顕微鏡とともに、新しい超音波手術装置が導入されますので、ますます快適で安全な手術が可能となります。

緑内障:動的視野検査、コンピューター静的視野検査に加え、OCT検査にて、神経線維厚を測定できるようになり、早期の緑内障の診断に役立っています。

ぶどう膜炎、視神経炎、甲状腺眼症:全身検査を行い確定診断をつけます。入院のうえ、ステロイドパルス療法を行い、適切に内科と連携して全身的にも対応可能です。

角膜感染症:起炎菌によっては、院内で抗真菌薬点眼薬を調整し、最新のエビデンスに沿って、治療を行っています。

網膜静脈閉塞症:黄班浮腫合併例では、抗VEGF抗体硝子体注射を行い、良好な治療成績を得ています。虚血の強い場合には、痛みの比較的出にくい、パターンスキャンレーザーによる光凝固術を行っています。

担当医師予定表

外来担当医表一覧へ

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日

高綱

備考参照
(予約のみ)

清水

高綱

高綱

清水

千葉

清水

清水

千葉

小池

(AM)

千葉

千葉

備考
  • 原則紹介制
  • 午後は特殊検査(予約制)
  • 火曜日は手術日のため外来は予約のみ。

スタッフ紹介

医師名 役職・職位 認定医等 専門分野

高綱 陽子

部長

医学博士

日本眼科学会 指導医・眼科専門医
PDT認定医

糖尿病網膜症

清水 咲子

医師

千葉 晃大

医師

高性能機器・特殊機器等

超音波白内障手術装置
マルチカラーレーザー光凝固装置
マルチカラーレーザー(パターンスキャン型)
ピュアイエローレーザー光凝固装置(IQ577)
YAGレーザー装置
光干渉断層計
光干渉眼軸測定装置

超音波診断装置

平成26年度手術件数

  件数
水晶体再建術+眼内レンズ挿入 523
周辺虹彩切除術 0
翼状片切除術 5
眼瞼内反症手術 2
斜視手術(前後転) 1
眼窩脂肪ヘルニア整復術 0
眼球内容除去術 0
眼瞼腫瘍切除術 0
眼瞼下垂、皮膚切除術 1
その他 2

「第18回日本糖尿病眼学会総会」において、髙綱眼科部長の発表が優秀演題賞を受賞しました

演題名 糖尿病黄班浮腫に対する577nm
マイクロパルスレーザー光凝固装置の治療経験
「第18回日本糖尿病眼学会総会」
表彰状
学会 第18回日本糖尿病眼学会総会
表彰状 表彰状はこちら
独立行政法人 労働者健康安全機構
千葉ろうさい病院
〒290-0003 市原市辰巳台東2-16
TEL:0436-74-1111(代表) FAX:0436-74-1151

Copyright © 2014- Chiba rosai Hospital. All Rights Reserved.

ページの先頭