診療科・部門

印刷専用ページ

整形外科

特色

  • 県内屈指の症例数と専門性の高い医療
     脊椎外科・関節外科・スポーツ整形外科・手の外科・外傷治療の各分野において、県内屈指の症例数を誇り、専門性の高い診療を行っています。脊椎・腰痛センター人工関節センターは従来より開設されて高い評価を受けており、また近年スポーツ医学センターもこれに加わりました。
      脊椎・腰痛センターにおいては、年間400例前後の手術が行われており、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア(頸椎~腰椎)、神経根症、外傷(脊髄損傷・椎体骨折・脱臼)、転移性脊椎腫瘍などに対して、5名の専門医・指導医のもと、適切な治療方針(保存加療・手術加療)の見極めと、豊富な経験に基づく精度の高い手術、術中CT(O-arm)やナビゲーション・神経モニターを用いた安全かつ最先端の治療を提供しております。また、脊椎前後合併手術等の大掛かりで難易度の高い手術を行う一方で、内視鏡を用いた低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。
     人工関節センターでは、年間250例前後の手術が行われており、変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死症等の疾患に対し、人工膝関節置換術、人工股関節置換術、人工肘関節置換術、人工足趾置換術等を行っています。人工膝関節置換術では日本製の機種を他の病院に先駆けて導入し、低侵襲な手技とあいまって良好な屈曲角度が得られており、人工股関節置換術では脱臼率の低さと感染率の低さを含めて安定した手術成績が得られています。また術後の静脈血栓、肺塞栓予防の研究・実践は国内外で高い評価を受けており、確実で安全な治療を行っています。
     スポーツ医学センターでは、インターナショナルレベルのチームサポート経験をもとに、保存治療から手術治療まで幅広い治療を提供しています。 靭帯再建術では関節鏡を用いた解剖学的再建手術を行っており、比較的若年者の変形性膝関節症には、関節を温存する骨切り術も行っています。また、軟骨損傷・離断性骨軟骨炎に対しての自家培養軟骨細胞移植術(JACC)の実施認定施設となっており、最新の知見に基づいた先端医療を提供しております。
     上肢の外傷・障害については、当院は日本手外科学会認定研修施設 基幹病院に認定されており、手外科専門医による高度な医療を行っています。神経、腱、血管をふくめた複合組織損傷からから、ばね指まで幅広く対応し、神経麻痺等の機能障害に対しても、機能再建術含めた医療を提供いたします。ばね指や手根管症候群に対しては、最小侵襲手術による早い社会復帰を実現し、Dupytren拘縮に対しては、手術から薬剤治療まで最先端の治療を行っています。
     画像診断においても、3テスラMRIのもと、最新の3DMRIなどを導入し、脊柱管狭窄・椎間孔狭窄など脊椎疾患から、靭帯損傷・軟骨損傷・半月板損傷などの関節疾患・外傷まで、正確な診断を行っています。運動器超音波エコーも外来に導入しており、より低侵襲な診断、安全なブロック手技を実践しております。
  • 地域医療への貢献
     初診患者様には、原則として近隣クリニック等からの紹介状をお持ちいただくようにお願いしています。紹介状をお持ちの方は、地域医療連携室を通じて予約をお取りいただき、受診までのスムーズな流れを可能としています。特に人工関節センターに初めて受診(月曜午前、清水医師)される方は、初診完全予約制を導入し、待ち時間の短縮をはかっていますで、御協力の程よろしくお願い申し上げます。
     緊急処置が必要と考えられるような、高エネルギー外傷・骨折や、麻痺などを伴う症例の受け入れにも、救急科と協力しながら、積極的に取り組んでおり、複数の診療科と連携して最良の医療を提供しています。また、リハビリテーション科の協力のもと、患者様の早期社会復帰の実現に努めています。
  • 市民啓蒙活動
     主に膝関節疾患や股関節疾患、人工関節手術に関しての市民公開講座を、2011年から年に2回、五井地区、茂原地区、おゆみの地区、蘇我地区などで開催しています。1回の講座には150~200名前後の市民の方の参加があり、「大変わかりやすかった。疑問が解決された。」などと好評を博しています。詳細は当院医療連携室または新聞のチラシ等でご確認ください。
  • 学会・研究活動
     学会・研究活動にも積極的に取り組んでいます。清水部長は過去にアメリカ整形外科学会(AAOS)で学会賞を受賞するなど国内・海外の多方面で活躍しています。山縣前副院長は2015年度より日本整形外科学会理事を務められており、2015年11月開催の第23回日本腰痛学会の会長も務められました。そのほか、脊椎・人工関節・関節鏡・手の外科・スポーツ医学・骨折治療など多くの学会発表を行い、医学の発展にも寄与しています。
     現在も下記の多施設共同の治験・臨床研究にも参加しております。

    ・運動器外傷診療の質向上と早期社会復帰を目指した調査研究
    ・急性脊髄損傷患者の運動麻痺改善に関するG-CSFの有効性を証明することを目的としたプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験

担当医師予定表

外来担当医表一覧へ

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日

初)清水(人工関節・リウマチ)
初)池田(脊椎)

初)堀井(一般)

初)中島(脊椎・骨粗鬆症)

初)阿部(手外科)

初)守屋(スポーツ)
初)渡辺(一般)

初)男澤(脊椎)

初)阿部(手外科)

初)守屋(スポーツ)

初)橋本(脊椎)

初)阿部(手外科)

初)野本(一般)

再)橋本
再)堀井

再)阿部

再)守屋
再)渡辺

再)池田

再)中島

再)山縣(月2回)

再)清水

再)阿部

再)男澤

再)野本

備考
  • 紹介制
  • 初)は初診担当、再)は再来担当となります。
  • ※月曜日初診の清水医師は原則、紹介予約制(紹介状をもらい電話で予約)となります。

スタッフ紹介

医師名 役職・職位 認定医等 専門分野

清水 耕

部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本リウマチ学会 リウマチ医・リウマチ専門医
日本人工関節学会評議員
画像診断学会評議員
臨床研修指導医

関節外科(人工股関節、人工膝関節手術)、リウマチ

池田 義和

部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
臨床研修指導医

脊椎外科

中島 文毅

部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本骨粗鬆症学会 認定医
臨床研修指導医

脊椎外科、骨折、骨代謝・骨粗鬆症

橋本 光宏

副部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会 認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医・リハビリテーション科専門医・指導医
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認 障がい者スポーツ医
臨床研修指導医

脊椎外科

守屋 拓朗

副部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
World Rugby Licensed Trainer
千葉県体育協会スポーツ医事科学研究会委員
千葉県ラグビーフットボール協会理事・医務委員長
AOTrauma評議員
Immediate Care In Sports (ICIS)Level3、インストラクター
AOTrauma 上級会員
ラグビー日本代表ドクター(2012~)
スーパーラグビー・サンウルブズチームドクター(2018~)
ラグビー関東代表ドクター(2010)
ラグビー高校日本代表ドクター(2011~2013)
ラグビー女子日本代表ドクター(2014)
臨床研修指導医
千葉大学非常勤講師

膝関節、関節外科、関節鏡、スポーツ整形外科、骨折、外傷

阿部 圭宏

副部長

医学博士

日本整形外科学会 整形外科専門医

日本手外科学会認定 手外科専門医

アメリカ形成外科学会招待会員

手の外科、骨折、外傷、microsurgery、機能再建外科

男澤 朝行

医師

医学博士

 

日本整形外科学会 整形外科専門医

日本整形外科学会 脊椎脊髄病認定医

日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医

臨床研修指導医

昭和大学整形外科兼任講師

 

脊椎外科、外傷

堀井 真人

医師

渡辺 丈

医師

野本 尭

医師

日本整形外科学会会員

整形外科一般

山縣 正庸

医師(非常勤)

医学博士
千葉大学臨床教授

中国・西安大学客員教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本整形外科学会 脊椎内視鏡手術技術認定医
日本リウマチ学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
国際腰椎学会会員
日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会幹事
日本内視鏡外科学会評議員
日本腰痛学会理事
(2015年開催 第23回日本腰痛学会会長)
日本脊椎脊髄病学会評議員
日本関節鏡学会評議員
日本職業・災害医学会評議員
アジア最少侵襲脊椎外科学会理事
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医
 
2008-2015年度ベストドクター
ベストドクターとは
臨床研修指導医

脊椎の内視鏡手術
脊椎インストルメンテーション(固定)手術

主な疾患

脊椎外科:
腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症・神経根症、頸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、変性側弯症・後弯症、脊椎損傷・脊椎外傷

関節外科・人工関節:
変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性足関節症、変形性肘関節症、関節リウマチ

スポーツ整形外科:
前十字靭帯損傷、半月板損傷、反復性膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎、肉離れ・靭帯損傷

 

手外科:
上肢骨折・外傷、絞扼性神経障害、Dupuytren拘縮、腱損傷、ばね指など

 

外傷:
骨折・脱臼・靭帯損傷・腱損傷

地域病診連携

 県内はもとより、全国からの紹介患者を受け入れています。特に当院近隣の市原市・千葉市・袖ヶ浦市・茂原市・東金市・長生地区からは、脊椎疾患・関節疾 患・外傷を中心に多くの症例をご紹介いただいています。また、救急要請にも積極的に対応し、多くの救急患者様を受け入れています。中央放射線部の協力のもと、3テスラMRI2台、CT2台を駆使して救急患者の画像検査に対応しています。
 手術などの急性期治療から、回復期に移行する時点では、リハビリテーションをより集中して行うことを目的に、状態が落ち着いた時点で、地域の回復期リハビリテーション病院への転院を促進しています。日常生活や社会生活への復帰を目標に、長期的視点のもと地域医療連携を構築し、最良の医療をシームレスに提供することを可能にしています。

 地域の先生方との交流を図るため、整形外科地域連携の会を定期的に開催しています。市原地区・茂原東金地区・千葉市緑区の先生方を中心に千葉県内の先生方と、当院での整形外科医療についての情報交換や、最新の治療法に関する情報の共有を行っています。参加されるのは整形外科の先生のみならず、内科・外科・消化器科・脳神経外科・小児科・婦人科など多岐にわたっており、一般開業医の先生方向けに最新の知見・話題を提供しています。

 また、当院整形外科医師と千葉大学整形外科が中心となり、運動器エコーに関する研究会を開催しています。その研修会を当院でも行っており、千葉県内外からの参加者は、整形外科のみならず、内科・麻酔科など多岐にわたっています。診断法から安全なエコーガイド下神経ブロックまで最新の技術を皆様にご提供・ご体験いただき、地域の医療レベルの向上に貢献しています。

平成28年度手術症例数

  件数(件)
脊椎手術 401
 腰椎 320
 頸椎 62
 胸椎 19
人工関節手術 252
 膝関節 140
 膝関節再置換術 4
 股関節 102
 股関節再置換術 1
 肘関節 1
 足趾人工関節 4
関節鏡手術

126

(膝:124,手:2)

 前十字靭帯・後十字靭帯再建 44
 側副靭帯再建術・修復術 3
 半月板縫合術 19
 半月板切除術 18
 遊離体摘出術 10
 軟骨修復術 2
 その他 28
手の外科 245
 末梢神経(手根管・肘部管・神経剥離) 44
 腱縫合、腱移行 22
 マイクロサージャリー(神経縫合・血管縫合) 2
 腱鞘炎(ばね指・ドケルバン) 9
 手の骨折 111
 その他(デュプイトレン拘縮、腫瘍等) 57
骨折手術 191
その他手術 101
合計 1319
独立行政法人 労働者健康安全機構
千葉ろうさい病院
〒290-0003 市原市辰巳台東2-16
TEL:0436-74-1111(代表) FAX:0436-74-1151

Copyright © 2014- Chiba rosai Hospital. All Rights Reserved.

ページの先頭